わき毛 処理方法

わき毛の綺麗な剃り方

わき毛の処理をするのにもっとも手軽な方法として多くの人が行っているのが剃毛処理ですよね。しかし、わき毛を剃毛処理をするとお肌のトラブルが多く発生すると言われています。また、剃ってみても剃り残りが目立ってしまうことがあります。このようなトラブルを最小限に抑えて安全で綺麗にわき毛処理を紹介してみたいと思います。

 

@わきを温めましょう。わきを温めることでわき毛を柔らかくします。お風呂場でわき毛処理をするのであれば、まず入浴をしてしまえばOKです。

 

Aわきを温めわき毛が柔らかくなったらシェービングフォームをしっかりとわきに塗ってカミソリの滑りを良くします。

 

B準備が出来たら新しいカミソリを用意して剃ります。力を入れずにできるだけ一気に剃ることで肌の角層を傷つけないように剃ることが出来ますので、できるだよく切れるカミソリを利用して剃毛することをお勧めします。

 

Cわき毛を剃った後にはわきの部分をしっかりと冷やします。

 

Dその後、しっかりと保湿をしておきましょう。これによって毛穴がきゅっと引き締まりますので毛穴が気になることも減ります。

わき毛の処理方法でしてはいけないこと

お風呂に入るときにわき毛の処理をするという人は多いですよね。たいていの場合にはコンビニやスーパー、ドラックストアなどで購入したカミソリを使用して剃毛処理をすることが多いのではないでしょうか。処理をした後にそのカミソリをお風呂の洗い場に置いてまた後日使うというようなことを繰り返すことも多いとおもいます。実は、この洗い場に放置したカミソリを使用して繰り返し行う剃毛処理というのは、わき毛の処理方法ではしてはいけない方法の一つだと言われています。理由としては、洗い場に放置したカミソリは綺麗そうに見えても実は雑菌が繁殖しやすく衛生的ではないといううことがまず一つあります。雑菌だらけのカミソリで剃毛処理をすると肌についた細かいキズなどに雑菌が付着して繁殖してしまったり、毛穴の中に雑菌が入り込んで毛嚢炎が起こってしまうことがあります。また、細かいキズが起こした炎症が繰り返し起こるために色素沈着が起こることもあります。わき毛を抜いて処理をするという方法も、実は毛穴に毛が切れたものが残って埋没毛ができてしまったり雑菌が入り込んでしまうことがあるのでやめた方がいい方法です。

 

わきはなかなか隠せない場所でもあります。いつ誰にチラ見されても困らないように綺麗なワキにしておきましょう。ノースリーブやキャミソール系などのファッションも楽しめるようになります。

わき毛 処理方法