中学生 わき毛 処理方法

中学生のわき毛処理@我が家の現状

中学生になったらわき毛処理は当たり前です。早い子は小学生のうちから処理を始めています。

 

最も手軽で簡単な方法は剃刀で剃る方法です。今は100円ショップで買えますので価格的にも負担となりません。ですが、使い続けていくうちに黒ずみが出るようになること、剃刀負けしてしまうことは覚悟の上で処理する必要があります

 

また、少しの毛ならと抜く人もいます。
この毛を抜くという行為はかなり危険だと言います。ここから菌が入ると大変なことになりますので注意が要ります。

 

自分もカミソリ・毛抜きを経験した上で中学生や小学生の子供にはお勧めはしたくないというのが本音です。ですが、子供によっては親にムダ毛処理を頼まない子もいるんです。そんな時はムダ毛処理の方法を母親が教えてあげることが必要だと実感しました。

 

 

我が家も娘が中学生で剃刀を使いムダ毛処理を始めました。簡単ですけど、皮膚が乾燥し弱くなりました。そして毛も濃くなってきました
当たり前ですけど、こうなると剃らなければ良かったと思うようになります。
そして夏場など半袖の時期になると毎日、ワキ毛の処理をしていたみたいで、お風呂の時などに沁みて痛いと言い出しましたので、これはちょっと考える必要があると思いました。

 

中学生の肌は親が想像しているより、弱いんだと思い知らされました

 

脱毛サロンに連れて行くには若すぎます。
若い=毛の生える勢いも強いので、かなりの金額になります。また、子供でも通える脱毛サロンもありますが、中学生での脱毛し放題を行えるサロンはありません。

 

我が家は大手脱毛サロンが近くにないこともありまして、最初は脱毛クリームを使用していました。

使ってみてわかった!剃刀よりも実は手軽だったわき毛処理方法

使ってみてわかった!剃刀よりも実は手軽だったわき毛処理方法は除毛クリームを使うことです。
正直、除毛クリームって面倒だと思っていましたが、購入してしまえば剃刀よりも安全だし手軽でした。

 

ワキは写メ嫌だという事で足で紹介いたしますが、同様にワキ毛処理も行いました。
一回の除毛クリーム使用でのビフォーアフターです。

Before

After


左はクリームの塗りかけと塗る前の足です。初めて自分で脱毛クリームを使いここまで綺麗にできました。
ちょっと親が手伝えば一回でももう少し綺麗に除毛できそうです。

 

 

使用したのは、”パイナップル豆乳除毛クリーム”です

 

 

これくらいしっかり塗りこみました

 

 

ティシュで拭き取るとこんな感じです

 

 

使い方をしっかり読んで親の管理の元使わせれば剃刀のような危険もなくいいのかな〜と感じました。

 

 

冊子に使い方や商品の詳細が書かれているのでしっかり読んでパッチテストも行ってから使いました。
2度目、3度目と行うとうぶ毛のようになっていきました。

 

 

公式サイト↓↓
新URL

パイナップル豆乳除毛クリームの前に失敗した体験談

実は、パイナップル豆乳除毛クリームの前に失敗した体験談があります。
このパイナップル豆乳除毛クリームはネット通販で購入しました。お値段は、1本約3,000円程です。

 

ですが・・・
ロフトや東急ハンズには、1,000円くらいで市販の除毛クリームが何種類も売られています。ここでよさそうな市販の除毛クリームを買い試してみました。クレームがきても行けないので写真はのせませんが、正直、イマイチでした。
ですので、その段階では、”除毛クリームはあまりムダ毛処理には向いていない”という結論に至っていました。

 

でも、たまたま見たコスメの口コミサイトでの、パイナップル豆乳除毛クリームの口コミが凄く良くてビックリしました。値段も約3倍です。そして、パイナップル豆乳除毛クリームは除毛クリームでもあるけど抑毛も出来ると知りました。市販の除毛クリームは毛を除毛するだけで抑毛効果はありませんでしたので・・・
ですから、試しにと思いパイナップル豆乳除毛クリームを購入してみたという経緯があります。

 

何度もカミソリで剃り続けていた娘のワキも毛が生えてきても柔い毛になってきましたし、毎日毛を剃ることをしなくてもよくなりました。確かに”全く毛が生えてこない”というほど大げさではありませんが、毛の生える勢いは弱まっていましたし、太い毛ではなくなってきています。
使い方さえ間違えなければ、除毛クリームは剃刀よりも安全だと実感しました。

 

パイナップル除毛クリームの詳細と使い方

中2でケノン初体験!わき毛処理がすごく楽チンと気に入ってます

娘は最初かなり抵抗があったようです。
ですが、3回ほどケノンを使うとすごく楽だと感じたようで、1年で6回くらい使いました。

 

毛もそれほど剛毛ではないので中学生が使う分には回数は多くなくていいように思いました。ただ、毛の量や質には個人差がありますので剛毛だともう少し回数が必要ですね。

 

ケノンには脱毛する際のレベルが1〜10まであります。
私はマックスで脱毛しますが、氷などで冷やすことで痛みは感じません。

 

また、出力がレベル4くらいまででしたら痛みは感じませんでした。
ですので、娘に使うときはレベル1〜4と我が家では決めています。そしてレベルが1でもワキをシッカリ冷やしてから使いました。

 

痛みは感じなかったと言っていました。

 

 

毛は剛毛ではないですがまばらに広がっていたので、片方の脇で2ショット行いましたので、1回のワキ脱毛で4ショットで終わることができました。かかった時間は10分くらいでした。

 

 

微妙に角度があるのですが、ちょうどいい角度で当てないとショットしません。ですから角度に慣れるまで時間がかかります。何度か行ううちに早くできるようになります。

 

ですが、ケノンを使い続けていくうちにコツがつかめてきたんですが、手動と自動があるんですが、最初は手動で行っていました。時々、上手くできなくて時間がかかっていましたが、自動にしたら簡単にできるようになりました。最初から自動で行えばよかったと思っています。

 

ケノンは自動で使うことをお勧めします!

 

 

わき毛処理は脱毛サロンがおすすめだけど中学生だと脱毛サロンは限られる

脱毛サロンは高校生はOKでも中学生(15歳以下)ができる脱毛サロンはありません。
実は、わき毛処理は脱毛サロンが断然おすすめなんです。確実で安いお値段でムダ毛処理が完了するからです。だけど中学生だと脱毛サロンは限られるということになります。

 

中学生でもOKな脱毛サロンだとエピレになります。エピレにはキッズ脱毛プランがあり7歳〜15歳限定の子供の脱毛プランが中学生までのプランとなります。
高校生ですと通常のプランとなりますが、親の承諾書が必要となります。また、承諾書を持参しても電話で親の確認を摂るという方法を摂っていますので、親御さんの承諾は必ずいります。

 

キッズ脱毛は親が同伴となりますが、16歳以上ですと同伴は必要ではないですが承諾は必須となります。
7歳から15歳の子供限定キッズ脱毛⇒詳しくはエピレの公式サイト

 

 

中学生のわき毛処理は除毛クリームがおすすめ

中学生のわき毛処理は除毛クリームがおすすめです。
近くに脱毛サロンはないから将来を考えてケノンを購入するという家庭は、ケノンが最もお値打ちだと思います。また、脱毛サロンは、高校生や大学生が全身脱毛を行っています。わき毛処理だけでなく、手足、VIO、背中など全身の脱毛を行うのが当たり前となってきているのです。

 

その流れから考えると中学生のうちは安全で自宅で簡単にできる除毛クリームがいいのかと思っていますので、我が家は下の娘には除毛クリームをしようしています。今は中1です。上の娘はあまりに毛深い状態でしたのでケノンで、わき毛処理、手足の処理をしていましたが下の娘は毛量が少ないので、わき毛処理だけで十分です。しかも産毛のような状態です。ですから、今はパイナップル豆乳除毛クリームを使っています。

 

パイナップル豆乳除毛クリーム

わき毛 処理方法

 

ヘアリデューシング

わき毛 処理方法

 

わきはなかなか隠せない場所でもあります。いつ誰にチラ見されても困らないように綺麗なワキにしておきましょう。ノースリーブやキャミソール系などのファッションも楽しめるようになります。

わき毛 処理方法